Return to site

日本の制御業界を救うインドのIT技術-ウイプロ・リミテッド-

■はじめに
バブル崩壊後の日本の制御機器業界に於いて、ここ数年魅力的な新製品の出現はない。顧客からの要求は確実に有るにもかかわらず、製品開発に対する具体的な打ち手もなく、過去に開発した製品の改良でつないでいるのが現状である。幸い昨年度は中国向け、デジタル家電、半導体関連の一時的な特需に多少救われたものの、相変わらず業界としての先行きが読めない状態である。各社の製品開発能力の差は国内販売競争力として、企業存続を左右するスピードを速めている。しかし例え国内の競争に生き残った企業で有っても、世界市場で米国、ドイツ、フランスなど巨大化する海外勢との戦いに勝ち残るには、開発、設計部門のスピード化と技術対応力を、早急に国際レベルまで引き上げる必要が有る。その良い見本の製品は、競争力の激しい家電製品や携帯電話器に見られる。最先端技術を用い顧客の要求に合った機能を、市場の要求に合わせ、スピード開発する思想が、一部の「制御系組み込製品」にも導入し始められた。その制御業界の新たなビジネス開発とは、各メーカ自身の技術対応能力が、不可能を可能にする「魔法の杖」を持った時、過去の知的財産が新たな展開の可能性を生む。最短期間で世界最先端のIT技術を、納得できる費用で活用できれば、製品機能を一機に世界レベルにまで達することが可能で有る。誰にでも平等に利用できる「魔法の杖」とは、今や世界で最も注目されているインドのIT技術の活用である。製品群を活性化し、各企業の持つ知的財産に、世界最先端の技術を融合するビジネスモデルの構築による「Time in Market」で、世界の競争力に勝てる新たな制御機器メーカの出現である。

日本のソフト技術開発の現状は!

今後モノ作りの付加価値の源泉として、益々重要度を増すのがソフトウェアの分野である。制御機器の多くが単独機器からインターネットをはじめ、ネットワーク接続が当たり前になると、ソフトウェアの開発工数も確実に増加し、全開発に占めるソフトウェアの費用の割合も、現行の20%から将来80%にも達する。機器の設計も通信用プロセッサーと、本来の制御コントロール用プロセッサーを分けて開発するため、機能はより複雑化し設計や検証に費やす経費も増大する。

経済産業省が昨年6月にまとめた組み込みソフトウェア産業実態調査報告書によれば、国内の組み込みソフト技術者数は15万人、しかし製品開発の中核となるシステム設計技術を、自社だけで賄っているのはわずか13%である。外部に委託する理由の45%は社内の人員不足、13%は技術力不足である。もはや海外のソフト開発技術者を活用しなければ、組み込みソフト開発は何れ立ち行かなくなる。デジタル家電業界では数千人/月にも達する規模の開発が当たり前に成りつつあるのに、国内でのソフトウェア技術者の増加は今後も望めない。

制御メーカの持つ問題点とは!

① 長年製造して来た過去からの製品資産を、如何に「リエンジニアリング」により最先端技術に対応した現役の製品として甦らせるか
② ベテラン技術社員の退職「2007年問題」を前に、企業の知的財産を如何に継承していくか
③ 将来製品開発に必要な最先端技術をどのように習得し、製品開発に役立てるか

企業が問題解決のため協力会社に求める要求項目とは!

①最新の技術を最高の品質管理の基で開発して欲しい
②開発納期を確実に守って欲しい
③納得できる価格で対応して欲しい
④開発時からのアドバイスを受けられ、開発後のフォローも確実であること
⑤お客様への対応は全て日本語でして欲しい

インドIT企業が問題を解決するために提供できる主な技術とは!

(1)新製品開発支援:
①ソフトウエア・コンピューティングの開発技術者の確保
②VLSI/PCボードの開発技術
③評価用テストシステムの開発技術
(2)過去に製作した製品のリエンジニアリング支援:
①ソフトウェアを最新の言語に置換え機能追加したい
②PCボード上のLSIが生産中止になったので同じ機能のLSIを製作
③過去に製作したPCボードに新しく機能を追加
(3)目的に有った優秀な技術者を必要な時期に必要な人数確保:
①自社技術者の不足を補える人材確保が必要
②開発プロジェクトのため広い分野の技術者を長期間集める必要がある
③プロジェクト推進のため技術の分かるリーダーが欲しい

インド最大のIT企画企業ウイプロ・リミテッドの紹介

日本の企業が「魔法の杖」を掴むには、総合的に世界最高の品質が保証される会社との協力関係を作る事が望ましい。又日本企業の体質に合ったサービスを提供してくれる会社を選ぶ事が、成功への近道である。日本の製造業で既に40社以上の会社が採用している、ウイプロを紹介しよう。

(1)ウイプロが目指す高品質とは
アウトソーシングパートナーの選択時には、納期達成率、生産性、リリース時の完成度などから評価するとよい。ウイプロの品質管理システム場合では次のようになっている。

①最先端の品質 品質に関する国際標準
・品質管理・品質保証のための「ISO9001」
・ソフトウェア開発工程を継続的に改善する「SEI-CMM Level 5」(IT企業として世界初)
・人材成熟度の指数「PCMMi Ver.1.1 Level 5
・製品欠陥率を軽減する「Six Sigma」導入
(2004年にシックスシグマのトレーニング受けた社員は15,000人で全社員の半数近くにのぼり積極的に取り組んでいることが分かる。) 
・IEEEがソフトウェアエンジニアリングプロセスを大幅に改善させた組織に寄与する
「SPA(ソフトウェア・プロセス・アチーブメント)賞」を受賞(2003年6月)

②プロジェクト・データ 記録、更新と情報連携
工程管理システムは、Web上でプロジェクト状況の記録と保存を行っている。そのためプロジェクト状況の変化を即時に反映することができる。また、顧客がプロジェクト状況を正確に把握できるように対応している。
③「数値測定可能」 「明確に定義された」品質
開発プロセスでは、優れた品質管理システムによって通常の開発に比べてメンテナンスコスト、スケジュール遅延コスト、開発コストが低くなりコスト削減を実現している。
④より高品質な開発
より高品質な開発として初回から高品質でリリースしている。開発フェーズ中欠陥発見率は87%と、レビュー中で80%以上の不良を発見し対処している。また、全体を網羅した効率的なテストにより2003年度には1000ステップ当たりのバグ数を0.12に抑えている。

⑤より早い開発
徹底したスケジュール厳守を行いオンタイムの納品を実現している。スケジュール通りに納品された比率は業界平均が65%に対し93.5%となっている。また、スペック外の要求にも98.5%と高い割合でオンタイムのサービスを行っている。

(2)ウイプロの出来る技術とサポートとは
①ハード設計:ASIC設計、FPGAベース設計、コーデック
②システムソフトウェア:OS,デバイスドライバー開発
③テスト・検証・妥当性検査:相互運用性検査、システムインテグレーション
④カスタマー(TAC)サポートサービス,インフラストラクチャーサポート

ウイプロ・リミテッドとは!

本社:インド・バンガロール市
社員:37000人
年間売上:1500億円
ソフトエンジニア:22000人
LSI設計者:850人
組み込み技術者:8000人
月間の入社人数800から1000人/月

【記事】株式会社エフエイオープン
【顧問】藤平 實(ふじひらみのる)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK